Vol.094 マイクロソフトのWindow Liveメールのサポート終了後は?

<月刊 B-2 News Vol.094>を配信します。
─────────────────────────────
このNewsレターは、
株式会社インフィニティが運営・管理している、
<インフィニティ・サーバー>をご利用のお客様やお取引先様、
関係諸団体の皆様や名刺交換をさせて頂いた皆様へ、
毎月の第1営業日頃にお届けしている<情報の定期便>です。
<ICTの情報収集>としてお気軽にお読み下さい。

▼初めての方や次の手続ご希望の方は最後尾からお読み下さい。
◆メールアドレスの変更をご希望の方
◆ニュースレターの配信がご不要な方

━━<月刊B-2 News Vol.094>━━━━━━━━2017/02/01━━

マイクロソフトの「Window Liveメール」のサポート終了後は?

━━<ご挨拶>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎月ご愛読頂きまして誠に有り難うございます。
<一座建立>の経営理念の言葉を入れた「お抹茶色の名刺」
でお馴染みの、<月刊B-2 News>編集長の齋藤です。
1ヶ月間のご無沙汰です。

2月にお誕生日を迎える皆様、お誕生日おめでとうございます。
ご家族でお誕生日祝いをすると共に、少し照れ臭いでしょうが、
ご両親には感謝の言葉を伝えて下さい。今のあなたが在るのは、
これまでにあなたが出会いとご縁を頂いた大勢の方のお陰です。
心から感謝しましょうね!

━━【特集】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイクロソフトの「Window Liveメール」のサポート終了後は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術部ネットワーク担当の池田が日常業務で常に直面している、
「サイバー空間の脅威」に関する情報や対策をご紹介致します。

─────────────────────────────
1月10日にサポートが終了した「Window Liveメール」ですが?
─────────────────────────────
「Window Liveメール」は「Windows Essentials 2012」で提供さ
れた「無償のメールソフト」でしたが、先月1月10日限りでサ
ポートが終了しており、既にマイクロソフトの配布ページからの
ダウンロードも出来なくなっています。

【Windows Essentials 2012 リリースノート】
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13785/windows-ess
entials-2012-release-notes

「Window Liveメール」はその名の通り、マイクロソフトが提供
するフリーメール「Liveメール」サービスが利用できたメールソ
フトで、その機能拡張の一つとして一般のISPメールや独自ドメ
インメールも送受信できる機能が搭載されていました。

サポート終了のお知らせは、「Liveメール」サービスを利用して
いるユーザにはかなり以前から「Liveメールアカウント」を通し
て何度も告知されていましたが、一般のISPや独自ドメインメー
ルしか使っていない利用者が多かったり、そもそも「Windows
Liveメール」のサポートが終了してしまったという事すら知らな
い方も以外と多いようです。

但し、サポートが終了した後でも使えない訳では無く、新規のダ
ウンロードやインストールが出来ないだけです。

また、既にインストール済みのPCであれば使い続ける事も可能で
すが、問題なのは、今後ソフトウェアの脆弱性が発覚しても修正
は行われませんので、この脆弱性を衝いた「標的型攻撃」が現れ
た時には、一般の「ウィルス対策ソフトウェア」では防御出来な
い可能性が有ります。

例えば、そのまま使い続けることも可能ですが、受信側からメー
ルのヘッダー情報を確認されると、貴方が何のメールソフトを
使っているかは簡単にバレてしまいます。

仮に、セキュリティ意識の高い顧客や取引先から、「この会社は
サポート切れのWindows Liveメールをまだ使っている」・・・と
見付かってしまったら、「何とセキュリティ意識が低い危険な会
社だ!」と、不信感を抱かれたり、取引を停止されたりする危険
性は避けられないでしょうね。

ところが悲しいことに、「官公庁との取引が有る中小零細企業」
の中にも、とっくの昔に危険な状態に成っている「Windows XPパ
ソコン」を後生大事に使って、関係先へ「被害が及ぶ」ことなど
全く気にしていない輩がいるのも悲しい現実です。

そのような危険な状況ですので、出来る限り早い時期に「他の
メールソフト」への乗り換えを強くお勧めします。

─────────────────────────────
Window Liveメールからの移行先「無償メールソフト」と言え
ば?
─────────────────────────────
ところが、「Window Liveメール」から移行先のお勧めメールソ
フトを紹介して下さいと相談を受けたとしても、実際には有力な
移行先の選択肢が無いのが悲しい現実です。

マイクロソフト以外の「無償メールソフト」となれば、
お決まりのこれです!

【Thunderbird】への移行
https://www.mozilla.org/ja/thunderbird/

Windows Liveメールからの移行サポートページも存在
https://support.mozilla.org/ja/kb/switching-thunderbird

─────────────────────────────
マイクロソフト謹製「無償メールソフト」へ移行の場合は?
─────────────────────────────
一方、マイクロソフト謹製の無償メールソフトとなると実際には
Windows10のアプリしかありません。
※Windows8及び8.1にもアプリ版「メール」がありますが対応す
るプロトコル(方式)がIMAPのみで一般的に使われているPOP3は
対応していない状態です。

【Windows 10 のメールで電子メールをセットアップする】
https://support.office.com/ja-jp/article/7ff79e8b-439b-4b4
7-8ff9-3f9a33166c60

─────────────────────────────
安心のマイクロソフト製「有料メールソフト」へ移行の場合は?
─────────────────────────────
残るは、マイクロソフト製の有料版Microsoft Office 製品の
Outlookですね。移行も一番簡単だと思います。

【Windows Live メールから Outlook 2010
または Outlook 2007 にメッセージを移行する方法】
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/982234

【[Outlook 2013] Windows Live メールから
メールメッセージとアドレス帳、メールアカウントを
移行する方法を教えてください。】
http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.j
sp?PID=3410-2605&rid=9095&supfrom=ikou_mail

近頃は、インターネットのメールサービスは殆ど機能拡張は行わ
れず、近い将来に消えるインターネットサービスとも言われてい
ますが、ビジネスや個人利用においてもまだまだ重要なサービス
であるのも確かです。

しかし、「標的型攻撃」の第一波として使われる事も多く、
「ネット経由での攻撃手段」としての割合が昨年は非常に高い状
況でした。

【トレンドマイクロセキュリティブログ】
【2016年個人と法人の三大脅威:日本におけるサイバー脅迫元
年】

2016年個人と法人の三大脅威:日本におけるサイバー脅迫元年

「Window Liveメール」をまだ使い続けているそこのアナタ!
痛い目に遭わない内に、出来る限り早い移行をお勧めします。

それでは、次回の月刊B-2 Newsでまたお会いしましょう。(池田)

━━<編集後記>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

選挙公約を立て続けに実行に移す正直な?トランプ大統領だが…
─────────────────────────────
アメリカのトランプ新大統領が遂に就任しましたね。

「アメリカ経済の復活」
「アメリカ第一主義」
「移民の受け入れ制限」等々、
数々の選挙公約を立て続けに実行に移すトランプ新大統領…

とにかく、「実行スピード」が早い! 早過ぎる!
怖い位のスピードです。「問答無用」の実行派ですね。

鋭角の折れ線グラフの様なサインを、
激しい上下動で次々に走らせて、
「大統領権限を行使」する時の「含み笑い」が何とも怖い!

極めて「正直」ではあるが、
とても「実直」そうには見えない人相だが、
命に危険が及ぶ事が無い様に、4年間の任期は全うして欲しい!

それでは、次回の月刊B-2 Newsでまたお会いしましょう。(齋藤)

━━<最後に>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の内容はいかがでしたか?
皆様のお役に立てれば幸いです!

─────────────────────────────
▼▼▼ 初めての方や以下の手続きをご希望の方へ ▼▼▼
─────────────────────────────
直ぐには役に立たない知識や情報かも知れませんが、
後々ボディーブローの様に効いてくるかも知れませんので、
しばらくの間お付き合い下さい。

▼ご意見やご質問を希望の方はお気軽にお申し出下さい。
https://www.create-value.jp/mailform/form004.html

▼メールアドレスの変更をご希望の方はお知らせ下さい。
https://www.create-value.jp/mailform/form009.html

▼メール配信がご不要な方はお手数ですがご一報下さい。
https://www.create-value.jp/mailform/form008.html

常時SSLサイト+独自安全処理を施したSSLメールにてお手続き。
<注>このメール宛への直接のご返信には対応しておりません。

━━<発行元>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●サイバー空間とオフィス空間のセキュリティ対策を支援します
●業務システムの安定稼働と業務データの維持保全を支援します
●先進性や新奇性よりも品質の高い安全なサービスを追求します
─────────────────────────────
株式会社インフィニティ 月刊 B-2 News編集局
編集長 齋藤 純(Atsushi Saitoh)

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-1-23-9F
TEL:092-714-2500
FAX:092-733-0066

WEB:危機管理系サーバー https://www.b-2.jp
WEB:広告宣伝系サーバー https://www.create-value.jp

福岡県情報セキュリティ連絡協議会 幹事
総務省電気通信事業者届出番号H-17-916
─────────────────────────────
免震ビル/生体認証/防犯・防災監視/電源・回線・機器冗長化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

福岡のICT企業インフィニティ運営のSMBセキュアホスティングはあなたの3M事業戦略を支援します

福岡のICT企業インフィニティ運営のSMBセキュアホスティングはあなたの3M事業戦略を支援します